知らないの?ブログに自然な被リンクを自分で増やせるサイト

被リンク

(記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

ブログへのアクセスを増やしたいな。

 

被リンクが多ければいいって聞いたんだけど、被リンクは自分でも増やせるの?

 

自分で被リンクを増やしたいんだけど、どのサイトを使えばいいか教えて!

今回は、わたしのサーチコンソール管理画面で本当に被リンクとして確認されたサイトをご紹介します。

これを見たあとは、すぐにあなたも被リンクを貼ってみてくださいね。

それでは早速みていきましょう!

(この記事は2020年3月に追記・再編集しました)

目次

ブログに自然な被リンクを自分で増やせるサイト6選

アクセスアップして喜ぶスタッフ

あなたのブログに自然な被リンクを自分で増やせるサイトはこちらです。

  1. note(ノート)
  2. はてなブックマーク
  3. linktr.ee(リンクツリー)
  4. Adobe Portfolio(アドビポートフォリオ)
  5. Behance(ビハンス)
  6. Smart.bio
  7. 【番外編】Pinterest(ピンタレスト)

[OsusumeLink id="400"][OsusumeLink id="22026"]

note(ノート)

note

noteは自分の文章や画像などを自由に投稿でき、ほかのユーザーの投稿も楽しめるサービスです。noteの大きな特徴の一つが、自分のnote(投稿)を有料で販売できることです(もちろん無料でもOK)。

[OsusumeLink id="4406"]

自分のブログにnoteからリンクをはると、サーチコンソールに外部リンクとして認識されます。

またnoteはTwitterやFacebook、はてなブックマークのボタンがあらかじめ設置されているので、あなたの投稿がSNSでシェアされて一気に広まるチャンスもありますよ。

はてなブックマーク

はてなブックマーク

簡単に被リンクを増やしたいなら、はてなブックマークがオススメ。

記事を書いたら、Chromeの拡張機能を使ってボタン一つでブックマークできます。自分の記事につけられるブックマークは一つまでなので、気をつけましょう。

linktr.ee(リンクツリー)

linktr.ee

先ほどのポムミーと似たサービス。無料でも使えますが、有料会員になればアクセス解析ができたり、デザインをよりカスタムできるようになります。

こちらは英語のみのサービスです。

Adobe Portfolio(アドビポートフォリオ)

adobe portfolioホーム画面

もしアドビクリエイティブクラウドを使っているなら、ぜひアドビポートフォリオも使って見て!一つのアカウントで最大5つのポートフォリオサイトが作れます。

アドビポートフォリオからあなたのブログにリンクを貼れば、被リンクがもらえます。画像は英語ですが、日本語にも対応していますよ。

▼アドビポートフォリオについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になりますよ。

[OsusumeLink id="3000"]

Behance(ビハンス)

Behance

Behanceは、クリエイター向けに設計されたアドビシステムズのSNSです。

こちらにプロフィールページを作成し、あなたのブログにリンクを貼れば、もう一つ被リンクがゲットできます!

Behanceは世界中のクリエイターが作品を発表する場でもあるので、あなたも自分の作品をぜひ投稿してみましょう

Smart.bio

tailwind
tailwindはピンタレストやインスタグラムの自動投稿ツール
smart.bio
Smart.bioの利用例

Smart.bioは③のリンクツリーのような、プロフィールページが簡単に作れるサービス。ピンタレストやインスタグラムの自動投稿ツールで有名なtailwindの無料サービスです。

インスタグラムの投稿画像にリンクを貼って画像付きリンクを作ることができ、それが外部リンクとしてサーチコンソールに認識されているのを確認しました。

▼Smart.bioについては、こちらの記事でも紹介しています。

[OsusumeLink id="18843"]

【番外編】国別のドメインから被リンクがもらえる:Pinterest(ピンタレスト)

ピンタレストでも被リンクを増やすことができます(当ブログのアカウントはこちら)。

自分では増やせませんが、うまくいけばドメインスコアの高い海外ドメインから被リンクがもらえるので、番外編として紹介しています。

ピンタレストでは、自分のピン(画像+URLのビジュアルブックマーク)が海外のユーザーにリピンされる(保存される)と、国別URLから別々に被リンクをもらえます。

▼当ブログもpinterest.jpやpinterest.comはもちろん、pinterest.co.uk、pinterest.co.kr、pinterest.caほか多数のピンタレストドメインから被リンクをもらっています。

つくるデポの被リンク一例

「言葉が違うのに、どうやって被リンクを?」と思われたかもしれません。ピンタレストはビジュアルサーチエンジンなので、画像が気に入られれば言葉の壁を超えて保存されやすいです。

▼こちらの記事を参考にしてRSSフィードをアカウントにリンクすれば、新記事が投稿されるたびにピンタレストが自動的に新記事のピンをボードに加えてくれますよ。

[OsusumeLink id="15583"]

海外ドメインからの被リンクは自分では増やせませんが、ピンタレストに継続してピンを保存し続ければ、じゅうぶんチャンスはありますよ。

[OsusumeLink id="23295"]

早速自分のサイトに被リンクをはってみよう

知らないの?ブログに自然な被リンクを自分で増やせるサイト

被リンクを自分で貼る時は、不自然にならないようにくれぐれも気をつけましょう。

  • 一つのサイトから大量にリンクを貼る
  • 同じ日に大量の他サイトから特定の1ページに、リンクをはる

また、いいコンテンツを増やしていくことが、自然な被リンクをもらう一番の近道です。読者が増える記事をコツコツと書いていきたいですね。

わたしが思わず「いいね!」してしまったブログ運営テクニックについてのユーチューブ動画とツイートまとめはこちらの記事にまとめました。あなたも何か見逃していないかチェックしてみてくださいね。

[OsusumeLink id="7031"] ]]>
被リンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Keikoのアバター Keiko グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー/ブロガー。BOOTHにてオリジナルInstagramテンプレートを販売中。